ODDBRAIN.JP | The splash Ideas

政治を語るつもりはないけど… 臨時福祉給付金ってなんだ

臨時福祉給付金サイト

9月ごろ、gerolの元へ臨時福祉給付金の手続きについての封書が届きました。
中を確認すると、住民税が非課税の人を対象に3000円を給付する政策の一環のようでした。

6月末に退職して、それまでの給与も雀の涙ほどしかなかったので、住民税が課税されていなかったgerolも対照群の中に入っていたようです。
ですが、いろいろと書類を用意し、申請するのは面倒だったのでそのままにしておきました。
そもそもたかだか3000円の為にやるほどのことでもないなあと思ったので。

そしたら先日手続きがされていません!という、おしらせの手紙が届きました。正直何も言わずに所得税等を還付するなりしてくれた方がありがたいですし、何より3000円とこれら封書等々の諸経費、どう考えても釣り合いません。バラマキもいいところだなあと思います。

ちなみに公式サイトはGoogleの広告もして告知をしているようです。なんだかもったいないなぁと思います… いや、「臨時福祉給付金」で検索したら上に[広告]…って出てきてむーん。ってなったんです。いや、そのワードで検索掛けたらもう広告踏まないで直接サイトみるでしょうに。公式サイトがSEOランク1(~10)位じゃないとかいよいよ作りの悪さが疑われますよ。

こういうのを作る側から考えた時、どういったところへ広告を打つことが一番効果的なんだろうかと考えたりしますが、何だかんだテレビやYoutubeのみたいなPush型の広告が一番知られやすいのかなぁと思うのですが、ウザがられるからダメかなと。あ、でも官公庁系の広告なんてウザくて当然みたいな雰囲気もあるからいいのかもしれませんね。お堅くてというか面白みのない広報が基本なんで。こういう官公庁系専門のデザイン会社とかってないのでしょうか。あったらぜひ教えてください。

あと、サイトの作りが微妙にウェブアクセシビリティが低い気がするのですが気のせいでしょうか。文字の読み上げにも対応してなさそうですし、大きさも変えられませんし、色覚弱者対策も取られていませんし… IEやEdgeには何とか対応しているようですが多くの方が見るサイトであれば当然対応していなければならないので当たり前っちゃ当たり前ですよね。そもそもこの程度の分量、厚生労働省のサイト内でもよかったのではと思いますが、そこは大人の事情とか広報の云々があるのでしょうから何とも言えませんね。

ドメインルートと/rinji/が同じ内容指しているのもどうなんでしょう。もうわけがわかりません。このサイトを作ったのは誰だぁ!(海原雄山

参考サイト:
臨時福祉給付金 トップページ
簡素な給付措置(臨時福祉給付金) | 厚生労働省